プチ断食のやり方と効果

プチ断食はただ食事をとらないというのではなく、計画的に実行する必要があります。
初心者は特に専門家の指導を受けて正しいやり方をしないと効果が出ないだけでなく低血糖を引き起こして体調不良になる可能性もあります。
家庭でできる一番簡単なプチ断食のやり方は半日断食で、朝食を抜くという方法です。

前日の夜の食事は午後6時までに済ませておき、断食時間が18時間以上になるようにします。
水を飲む女性朝は水を500mlほど飲みます。
最初は野菜ジュースを飲んでも構いません。
プチ断食をする場合にはいきなり食事を抜くのではなく、毎回の食事を少なめにして準備をしておくことが大切です。

朝食に青汁を使ったり、自分で野菜ジュースを使ったりするなどただプチ断食をするだけでなく生活スタイルの見直しをしたり、普段から生活に取り入れることで効果を高めることができます。
体にデトックスする力がつき、トイレに行く回数が増えますので最初は週末に試してみることが大切です。
急に食事をしなくなると胃が消化液で傷つくことになりますし、断食後に急に食事をすると胃に負担がかかるので脂っこいもの、糖分が多いものを避けることも必要です。
お酒、コーヒー、タバコなども控えましょう。

プチ断食中は水分をこまめに取り、食欲をまぎらわせます。
プチ断食後の最初の食事はおかゆがおすすめです。
低血糖などのリスクがあるので自己判断で対処せず、めまいや頭痛が起きたらすぐにチョコレートや飴などをなめて休みます。

一時的なダイエット方法としては筋肉が減少しますし、リバウンドの危険性もあります。
即効性は期待できますが、ダイエット方法としてはリスクが高くなります。
あくまでプチ断食は胃の消化能力を高めるため、デトックスのためとして利用します。
脂肪燃焼効果が高まり、新陳代謝が良くなり、便秘が解消するという良い面がクローズアップされています。
いきなり空腹になるとエネルギー不足によって体が対処しきれなくなる場合もありますから、体調管理を慎重に行う必要があります。

プチ断食中、体に力が入らなくなったら行う対処

プチ断食は体力に自信のある人や体重減少を目的とする人にとっては体を過信しすぎるあまりに過剰な負担をかけてしまうこともあります。
プチ断食中に体に力が入らなくなった時の対処法としてははちみつ入りのお湯を飲む、野菜ジュースや豆乳を飲むといった方法がおすすめです。
横になって休める環境であることも大切です。
スープや果物をあらかじめ用意しておくなどの準備も必要です。

低血糖はめまいや頭痛などが起きる前に手足のしびれを感じたり、動悸や息切れ、汗が出たりといった体の不調が出ます。
そのためその時に体に負担のない食べ物を口にすることで症状がひどくなるのを抑えることができます。

また食べ物を食べたから低血糖が解消するというのではなく、チョコレートやカップケーキ、ビスケットなどの糖分と脂質がたっぷりと含まれている食材を口にすると血糖値が急激に上がってしまうことで低血糖を引き起こしてしまうこともあります。
甘いものを食べたことで血糖値を下げるためにインシュリンの分泌量が急激に増え、その結果急激に血糖値が下がることで低血糖を引き起こすのです。
食事を口にしてから低血糖が起こるまで消化するための時間的な差がありますから、大丈夫だと思った後に急に体調不良に襲われるということになります。

インシュリンが増えることで体は脂肪をため込もうとしますのでダイエットにも失敗することになります。
基礎代謝も下がるので立っているだけでつらい、歩けないといったこともあります。
普段から食べすぎに注意をしてプチ断食も最初は短時間から始めるようにします。
体に力が入らなくなったら具なしの味噌汁を飲むといった方法を取ります。
プチ断食で低血糖になるということは体が衰弱しているということですのでプチ断食を無理のない方法に変更する必要があるということです。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード