日本人の平均体重は世界的に見ると重い?軽い?

日本人は男性も女性も細身なのにダイエットしよう、という風潮がある国で、世界的に見ると必要ないのにダイエットしている人も多いです。
海外のモデルの女性モデル界では日本人も海外のモデルも同じくスリムな体型ですが、日本人は一般人がモデルなどの芸能人に憧れる風潮が強く、体重がモデル並みの人も多いです。
そのため、標準的な体重なのにもっと痩せたい、と頑張っている人もたくさんいます。

例えばアメリカの成人女性の体重を比べると、日本人はアメリカ人に比べて8割から9割程度しかありません。
ちなみに、ケニアと比べるとさらに軽く、子供並みの体重しかないです。
もちろん体重だけでなくお肉のつき方も国によって違いはあるものの、細すぎて子供っぽく見えるのが特徴です。
とにかく常にダイエットをしているという人が多く、たくさん食べることに対して恐怖心を抱いている人も多いです。
そのため食事制限や運動、またダイエットサプリなどを使って痩せようと試みている人がたくさんいます。

ダイエットサプリは海外でも販売されていますが、海外製品は日本人には効果が強すぎてお腹を下したりすることもよくあります。
そのためその国で作られたものを服用するのがおすすめです。

無理なダイエットのし過ぎで、色々な弊害も起きています。
例えば大人なのに子供並みの体重しかない人は、生理がきちんときておらず、妊娠の機能を失っている人も少なくありません。
これは非常に深刻なことで、芸能人やモデルのスタイルを雑誌やSNSで発信するのを見て、それぐらいにならないといけないと意識を持っている若い女性がこれになりやすいです。
日本は何か一つの形にならないといけないという風に思い込む人が多く、スタイルは人によって違うのが当たり前なのにそれが受け入れられない人も多いです。
もちろんある程度体重を絞ることでファッションが楽しめるといったメリットはありますが、それ以前に健康体を失わないように注意しましょう。

ダイエットは大人になってからしろと言われる理由

日本人は10代前半のアイドルのスリムな体型に憧れて、小学生くらいからダイエットを始める人も増えています。
しかし、思春期にダイエットをすると発育にとって大切な栄養素を充分に摂取することができず、身長が伸びなくなってしまったり体重が軽すぎて生理が来なくなったりして、最悪の場合は将来不妊症になるような危険もあります。

生理が始まる前や成長期のうちは、痩せたいと思っても無理をしないで健康的な食事を優先することが大切です。
10代は基礎代謝量も人生で一番多い時期なので、普通に生活しているだけでもかなりのエネルギーを消費します。
この時期に無理なダイエットをして摂取カロリーを大幅に減らしてしまうと筋肉や骨格、脳などへ発育に必要な栄養素を供給できず、健康に重大な影響を及ぼす危険があります。

特にモデルのようなスタイルを目指すなら、体重を減らすことよりも身長を伸ばすことが大切です。
まずは成長期にしっかりと骨格を作り上げて大人になってからダイエットサプリを活用したり食事に気を配るなどしてダイエットに取り組みましょう。
スタイルを良くするために運動をするのは有効で、発育に必要な栄養素を摂取してから食べたエネルギーを効率よく消化して体脂肪の蓄積を防ぐことにつながります。

20代を過ぎ大人になって発育が止まり、成長期を過ぎてからはリスクも少なくなるのでダイエットサプリを使ったダイエットも無理なく始められます。
肥満の人が多いアメリカや、痩せすぎの人の割合が高いケニアなどに比べると日本人は比較的バランスの整った体型をしています。
食生活の欧米化で平均体重を超えてしまう人も増えているので有効なダイエットサプリを使えば上手に痩せて理想的なスタイルを維持できます。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード